アイラインなどのアイメイクを落とすときにしっかり落とさなければいけないとゴシゴシとこするようにして洗った時、皮膚が傷んだり酷い時は炎症を起こして色素沈着へとつながり、目の下の茶色いくまの一因となります。

内臓の健康度を数値化できる特別な機械があります。

『ノイロメーター』という名前を持った機械で、人間の自律神経のコンディションを調査する事で、内臓のコンディションを理解しようという高機能なものだ。

日本に於いて、肌色が透き通るように明るくて淀んだくすみや目立つシミが存在しない素肌を好ましく思う価値観が相当以前から存在しており、「色の白いは七難隠す」という有名な事わざもある。

口角がへの字型に下がっていると、皮膚の弛みはだんだん進行していきます。

きゅきゅっと唇の両端を持ち上げた笑顔でいるように意識すれば、弛みも防ぐ事ができるし、見た感じも良いですよね。

深夜残業、終電帰りの食事会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・次の日のお弁当にご飯の準備…。

皮膚が荒れるとは分かっていても、実のところ十分に睡眠を取れない人が多いのは明らかです。

美容外科とは、ヒトの身体の機能上の欠損や変形の修復よりも、専ら美意識に従って全身の容姿の向上に取り組む臨床医学の一つであり、自立した標榜科でもある。

我が国における美容外科の来歴では、美容外科が「しごく真っ当な医療分野」であるとの承認を得るまでには、思ったよりも長い時間がかかった。

審美歯科(esthetic dentistry)とは、美しさに主眼を置いたトータルな歯科医療の事。

歯の働きには物を噛み潰すなどの機能面と、表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、前者も後者も健康という目で見れば非常に重要な要素である事では周知の事実だ。

乾燥による痒みの原因のほとんどは、歳を取る事に縁る角質細胞間脂質と皮脂分泌の低減や、固形せっけんなどの使い過ぎによる皮膚の保護機能の劣化によってもたらされます。

日光を浴びた事によって発生したシミを目立たなくさせようとするよりも、できてしまわないようにあらかじめ対策を施したり、お肌の奥に眠っているシミの種子を防御する方が有効だと言う事をお分かりでしょうねか。

肌の若さをキープする新陳代謝、言いかえると皮膚が生まれ変わる事ができる時は限定されていて、それは深夜就寝している間だけなのだそうです。

美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などの方法で容貌や容姿を更にきれいに見せるために形づくる事を指す言葉。

実は江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味の言葉として使用されていたそうだ。

健康な体に起こる浮腫だが、これは自然な事。

事さら女性は、脚のふくらはぎの浮腫を気にしているが、ヒトであれば、下半身が浮腫むと言う事ではいたって一般的な状態なのでそこまで神経質になる必須はない。

もともと皮ふの新陳代謝(ターンオーバー)は28日周期で、一日毎に肌細胞が作られ、一日毎に剥がれている様だ。

このような「日々の若返り」によって人の皮膚は若々しさをキープしている様だ。

メイクアップのメリット:新製品が発売された時の購買欲。

私のすっぴんとのギャップに萌える。

数多あるコスメにお金をかける事でストレスが発散される。

メイクアップ自体の面白さ。

且つ、弛みに深く関わってくるのが表情筋。

いろんな表情を繰り出す顔に張り巡らされている筋肉の事です。

真皮に存在するコラーゲンと同じく、この筋肉の働きも加齢とともに衰えてしまいる様だ。

メイクの欠点:涙が出てしまうと阿修羅のような顔になってしまう。

ちょっとだけ間違えると派手になって台無しになる。

顔の造形をごかますのには限界をかんじるという点。

太陽からの紫外線によって発生したシミを薄くしようとするよりも、できてしまわないようにあらかじめ予防したり、お肌の奥に眠っているシミの子どもを防ぐ事の方が大事だと言う事を御存じでしょうねか。

容貌を整える事で精神が元気になり豊かさが生まれるのは、顔に悩みの有る人も無い人も違いはありません。

化粧は私自身で元気を見出せる最善のテクニックだと認識しているのだ。

美白化粧品だと正式にPRするためには、薬事法を制定している厚労省の許可が下りた美白有効物質(特にアルブチン、コウジ酸の2成分)を使っている必須があるとの事です。

無意識の内にパソコンのモニターに集中しすぎてしまい、眉間に縦じわを作り、その上口角を下げたへの字口(因みに私はこの形をシルエットが似ているので「富士山ぐち」と勝手に名付けている様だ)になっているのではこれはお肌の大きな敵となります。

メイクアップでは傷などを目立たなくする事に主軸を据えず、リハビリメイクを通して結果的には患者さん自身が私の外見を認める事ができ、復職など社会生活への新たな一歩を踏み出す事、またQOL(生活の質)を更に向上させる事を目的としているのだ。

よく女性誌や美容本には、顔が小さくなって肌がきれいになり、痩せる、デトックス効果、免疫の向上など、リンパ液の流れを良くすればすべて叶えられる!という魅力的な謳い文句が掲載されている。

アトピーとは、いわゆるアレルギー反応といわれるものの中で特に皮膚の慢性的な症状(掻痒感など)が現れるものでありこれも過敏症の一種なのだ。

デトックス法というものは、特別なサプリメントの使用や大量に汗をかく事などで、こうした身体の中の有害な物をできるだけ体外へ出そうとする手段のひとつの事を言う。